足湯・日帰り温泉 山中

山中温泉『笠の露』足湯(菊の湯)

更新日:

旅の途中の疲れを癒すレトロモダンな雰囲気

山中温泉街の中心部にある『菊の湯(共同浴場)』さんの前にある足湯で、観光客の休憩の場、ご近所さん達の憩いの場となっています(^.^)

 

松尾芭蕉ゆかりの地「今日よりや 書付消さん 笠の露」

ここ山中温泉は、江戸時代に活躍した俳人『松尾芭蕉』のゆかりの地で、芭蕉の2400kmにわたる旅の記録を記した紀行文「奥の細道」の中で、弟子の曾良と別れた地としても有名な場所です。

芭蕉と山中温泉

1687年、7月27日から8月5日芭蕉は「奥の細道」の途中に山中温泉へ立ち寄り、9日間、滞在しました。

  • 「山中や 菊はたおらぬ 湯の匂」
    芭蕉は山中の湯を、有馬・草津と並ぶ「扶桑の三名湯」とたたえ、この句を詠みました。
    一緒に旅を共にし、この地で体調を崩した曾良は旅が続行出来ずに芭蕉と別れます。
    「曾良は腹を病て、伊勢の国長島と云う所にゆかりあれば、先立ちて行に」
  • 行行ゆきゆきて たふれふすとも 萩の原」
    芭蕉との別れに曾良が詠んだ句です。曾良の悲しくも無念の気持ちが伝わってきます。
  • 「今日よりや 書付消さん 笠の露」
    芭蕉が曾良との別れを惜しみ、この句を詠みました。

足湯「笠の露」はこの句から名づけられています。

 

山中温泉観光名所

山中温泉には情緒あふれる素敵な観光スポットがたくさんあります。

こおろぎ橋(山中温泉)

鶴仙渓 川床(山中温泉)

あやとりはし(山中温泉)

【山中座】 (山中温泉)

【黒谷橋】(山中温泉)芭蕉「奥の細道」から


おすすめ★★★☆☆(3点)
感想温泉なので足がツルツルになります。山中温泉は情緒ある景色や、美味しいパン屋さんがある事で、金沢のママ友もプチ観光に行く場所です。旅の疲れを癒すのにお勧め足湯ですが、混んでて入れない事もあります。
住所〒922-0124
石川県加賀市山中温泉湯の出町レ11
電話番号0761-78-0330(山中温泉観光協会)
営業時間7:00~22:30
定休日無休
駐車場・菊の湯の駐車場・山中温泉支所駐車場など
入浴料無料
タオル等の備品タオル等はありません。お持ちください。
トイレ・休憩所すぐ側にある「山中座」にトイレ、休憩所があります。
備考ホームページはこちら

-足湯・日帰り温泉, 山中

Copyright© 金沢・能登おすすめ観光スポット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.