子供の遊び場 科学館・博物館 羽咋 能登(見どころ) 雨の日でも遊べる

コスモアイル羽咋

更新日:

kosumoairu-1a

コスモアイル羽咋は、NASA特別協賛施設。本物に出会えます!

NASAやソビエトが開発した宇宙船や衛星などが展示されています。
実際に飛行し宇宙から帰還した『ヴォストーク帰還用宇宙カプセル』の展示や、ここでしか手に入らないプレミアム宇宙グッズの販売、アルバイトの宇宙人『サンダーくん』と出逢えたり(^^)感動と楽しさでいっぱいのコスモアイル羽咋。大人からお子様まで楽しめる施設となっています。

 

野外展示品

kosumoairu-1c
マーキュリー・レッドストーン・ロケット(アメリカ製)
「近代ロケット工学の祖」と言われたヘルマン・オーベルトの弟子であるフォン・ブラウンがドイツからアメリカへ渡った1952年に開発されました。アメリカ初の有人宇宙飛行の「マーキュリー計画」ではアトラスエンジンが間に合わなかったため、このレッドストーンが打ち上げロケットとして使用され、2回の弾道飛行を行ったものです。1段目、2段目は実物のロケット胴体です。

 

館内のご紹介

受付


入場してすぐ左手に受付(チケット売り場)があります。
kosumoairu-1f

 

休憩室


入口の右手には、ホールがあります。
休憩室、販売機、コインロッカー、授乳室も並びます。
kosumoairu-1d

kosumoairu-1h

kosumoairu-1g

kosumoairu-1l
コインロッカーは、100円で使用後に返却されます。
授乳室の使用は受付にお申込み下さい。(宇宙人Babyマークが可愛い❤)

 

kosumoairu-1n
ルナローバー(アメリカ製)
アポロ15号から搭載された月面車を再現したものです。乗って撮影が可能です♪

 

売店


kosumoairu-1i
受付横にお土産屋さんがあります。

kosumoairu-1jkosumoairu-1z
宇宙に関する様々なグッズを販売しています。ショップで人気なのが「宇宙食」。
スペースカレーは宇宙ステーションで実際に食べられたカレーです。

 

宇宙科学展示室

この展示室では、人類初の宇宙開発の歴史から他の惑星探査活動までの歴史で活躍した実際の機材や博物館グレードの宇宙機材が展示されています。
kosumoairu-1k

kosumoairu-1p
マーキュリー宇宙カプセル(アメリカ製)
アメリカ合衆国が開発した1人乗用のカプセルで、合衆国としては初の有人飛行用宇宙船でした。ここに展示してあるカプセルは、外壁の「シングル」といわれる耐熱用のシールドは、実際に使用された型からそのまま形成されたものです。また、内部も当時のスイッチやメーター、また人目に付かないサバイバルキットまでオリジナル同様に忠実に制作してあります。
(本物と同じ素材を使用)

 

kosumoairu-1q
ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(旧ソ連製)
実際に飛行し、宇宙から帰還した実物です。大気圏への再突入の際に摩擦によって表面が焼けてしまっています。帰還用として一人乗りで、機械船と切り離されて大気圏に再突入します。高度6000mで、このカプセルから飛行士が飛び出して、カプセルと分離します。カプセルと宇宙飛行士はそれぞれパラシュートで地上に帰還するようになっています。

 

kosumoairu-1r
NASAルナ/マーズローバー(アメリカ製)
NASA(アメリカ航空宇宙局)がグラマン社に火星や月面の走行を想定して製作委託させた実験用プロトタイプ車で、実用段階に至るまで何度も実験がなされた実物です。NASAの特別協力によってジョンソン宇宙センターより羽咋市に恒久貸与されています。
(実験用に作られた0号機。貴重です。)

 

kosumoairu-1e
アポロ司令船(アメリカ製)
底部の直径3.1m、高さ3.23m、重さ5.9tの円錐形をし 3名乗り用。内容積は10立方メートルしかなく超小型の乗用車程、通常この狭い空間での活動は困難だが無重力状態ではそれなりに活動できるようになります。大小あわせて5個の窓があり、表面はここに展示してあるように耐熱用シートが貼り付けてあり大気圏再突入までは銀色に輝いています。この司令船に使用してある部分はできるだけ実際に使用されたものと同一の部品・素材を用いて組み上げてあります。
(銀色のシールドは本物!)

 

kosumoairu-1b
ボイジャー惑星探査機(アメリカ製)
磁力計測用ブームなど細部には実際に使用されたものと同じ部品で組み上げてあります。このブームは実際には10m以上もの長さになりますが、 このボイジャーはキャニスターから延びた第1段目でカットしてあります。この外部を覆っているカバー等は実際に使用されているものと同じ材質です。
さらに本体横についている金色に輝く円盤の板にはこのボイジャーが飛び立った地球の位置、太陽系の場所などが刻まれ、この裏側はレコード盤になっていて日本語は「こんにちはお元気ですか?」と録音されています。まだ見ぬE.T.I(地球外知的生命体)へのメッセージがこのボイジャーに搭載されています。
(1977年に打ち上げられて、今も、銀河系を飛行中です。)

 


kosumoairu-1t
アポロ月面宇宙服
アポロ計画の際に月面で使用された宇宙服のレプリカ。素材は本物と同じものを使って再現しています。ヘルメットのバイザー部分には純金が蒸着されており、太陽から降り注ぐ有害な光から宇宙飛行士を守っています。宇宙服の総重量は80kgにもなりますが、月面では重力が6分の1になるため、実際には14kg程度の重さになります。

 

kosumoairu-2a
アポロ月面着陸船(アメリカ製)
人類を月面に送り込んだ最終の17号をモデルに組み上げられたものです。当時の船長はユージン・ナーサンで当時ナーサン船長の使用した船内活動服と同じものが特別に壁面ギャラリーに飾られています。ここの展示されているアポロ月面着陸船は、外壁に貼り付けてある金色・銀色・銅色に輝くシートは実際に使用された素材と同一の素材です。また、梯子の下に取り付けてあるプレートは当時のニクソン大統領とアポロ11号の搭乗員の署名が記載されています。周囲に配置してあるさまざまな計測機器をつなげているケーブルコードはアポロ計画で予備材料として保存してあったもので、ここの展示で使い切ってしまい、最終ケーブルとなった物です。
(月面に6機行ってます。)



kosumoairu-1u
ルナ24号月面着陸船(旧ソ連製)
1976年8月、旧ソ連によって行われた最後の月面探査『ルナ計画』。この計画で使用されたのがルナ24号です。ここに展示してあるルナ24号は実物のバックアップ機で、故障した場合すぐに使用できるように待機していたものです。無人で月面に着陸し、地球からのコントロールで左側についているドリルで月面に穴を開け、土を採集し、それを頭部にある球形カプセルに密封して2段目を再び地上に向けて発射し、最終的には球形カプセルだけが地上に戻るという計画でした。
予備機【バックアップ機】であり、実物です。

 

kosumoairu-1v

kosumoairu-1w
宇宙人模型
目撃者の証言を元に忠実に再現された宇宙人模型です。テレビ番組用に制作されたものです。

 

kosumoairu-2b
UFOデータベース
世界で目撃、撮影されたUFO画像が閲覧できます。謎に包まれたUFOの存在をあなたの眼でご確認ください。

 

暗闇でキラキラ光るエレベーター

kosumoairu-1x

1Fから22の宇宙科学展示室へつなぐエレベータ内です。
エレベータには宇宙空間へといざなう粋な演出が施されています。展示室へ行かれる際は是非エレベータをご利用ください(^^)/

 

コスモシアター(プラネタリウム映画館)

kosumoairu-2c

星座にまつわる物語や宇宙開発をテーマにした番組をドーム型の天井スクリーンに映し出します。ドームスクリーンならではの臨場感をお楽しみください。

メモ

■料金
大人(高校生以上)500円/小人(小中学生)300円
■上映時間
10時から16時まで(平日は15時まで)の間、一時間毎に上映されます。約28分。
■上映スケジュール
http://www.hakui.ne.jp/ufo/theater.html

 

kosumoairu-1m
所々に、宇宙人をイメージしたマークがあります。
こちらは、トイレマーク(^.^)色々、探してみて下さいね。。。

おすすめ★★★★☆(4点)
感想実際に宇宙に行って帰還した物が展示されていたり、実際に食べられている宇宙食が売っていたり、 リアルな宇宙人アルバイトのサンダーくんに出逢えたりと、驚きと感動と楽しさが詰まった科学館です。 大人からお子様まで楽しめます。宇宙が好きな方にはたまりません~(^.^)
住所〒925-0027
石川県羽咋市鶴多町免田25
電話番号0767-22-9888
営業時間8時30分~17時(入場は4時30分まで)
定休日毎週火曜日( 毎週火曜日(7月20日~8月31日は無休。祝日にあたるときは、その翌平日が振替休館日。 )
駐車場有り(無料)
入館料(宇宙科学博物館)大人(高校生以上)400円●小人(小中学生)200円/※宇宙科学展示室+コスモシアターの場合(大人800円、小人500円と割安になります)
コスモシアター料金:大人500円●小人300円
上映:10時~16時(平日15時)まで一時間毎に上映
上映時間:28分
滞在時間2時間~3時間
授乳室・販売機1階受付前にあります。(レストランはありません。食べ物の持参は可能です。)
備考ホームページはこちら

-子供の遊び場, 科学館・博物館, 羽咋, 能登(見どころ), 雨の日でも遊べる

Copyright© 金沢・能登おすすめ観光スポット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.