定番スポット パワースポット 加賀(見どころ) 小松

那谷寺 高野山真言宗別格本山 パワースポット

更新日:

natadera-komatsu-c

那谷寺の由来

那谷寺は、奈良時代、泰澄法師によって開創されました。
広い境内には、国重要文化財が立ち並び、洞窟の中に祀られた大きな千手観音や、洞窟を母体にみたてた「胎内くぐり」、美しい岩山、三重塔や紅い橋など、見どころが沢山あります。
また、四季折々に様々な表情をみせてくれる景観のとても素晴らしい歴史あるお寺です。

縁結びの御利益があると言われ、その他にも、交通安全・安産祈願・厄除け・病気平癒・家内安全の御利益があります。

 

受付
natadera-komatsu-d

詳細情報

■入館料
大人(中学生以上)600円/小学生300円/幼児無料
■拝観時間
3月~11月8:30~16:45 / 12月~2月8:45~16:30
※特別拝観(重要文化財指定の書院&庭園)は一般拝観料+200円(幼児・小学生無料)

■住所
〒923-0336 小松市那谷町ユ122
■お問い合わせ
0761-65-2111

那谷寺の中はとても広いです。途中、階段や細い山道もあるので、履き慣れた靴での参拝をお勧めします。

 

山門
natadera-komatsu-f

「自生山」の額が掲げられた山門の扉には、向かって右側に口を開けた阿形、左側に口を閉じた吽形の仁王像がそれぞれ彫られ、邪気を祓っています。

山門を通り、自然智を感じられる境内へと進みます。

 

参道
natadera-komatsu-1h

山門をくぐり抜けると、数百年を経た杉椿の樹林に囲まれ、江戸期に寄進された石灯篭が並ぶ参道が真っすぐに伸びています。杉並木は小松から那谷寺にいたる「御幸街道杉」の一部で、寛永年間に加賀藩三代藩主前田利常公が植樹したものです。

 

金堂華王殿
natadera-komatsu-g

明治に廃寺となった花山天皇の御寺に因んで名づけられました。南北朝の戦火で消失以来、650年ぶりに再建したもので、7.8mもある十一面千手観世音菩薩を始め、白山曼荼羅、秦澄神融禅師、中興の祖花山法皇を安置。壁面は郷土が生んだ代表作家による作品で飾られています。那谷寺における法会は全てここで行われています。

 

普門格・宝物館
natadera-komatsu-h

「普門閣」は、昭和40年、白山麓旧新保村の春木家の家屋を譲り受けて移築したものです。

natadera-komatsu-i

natadera-komatsu-k

natadera-komatsu-m

 

大自然が創り出した神秘的な景観「奇岩遊船仙峡」

奇岩遊船仙峡
natadera-komatsu-n

平成26年に「おくのほそ道の風景地」として新たに国名勝に指定された「奇岩遊船仙峡」は、大きな岩山にまるで顔のように大きな穴が開いた、観る人を魅了する神秘的な景観です。

昔は海底噴火の跡であったと伝えられ、永い年月の間、風と波に洗われて現在の奇岩が形成されました。その奇岩山の中腹に、朱色の鳥居が鮮やかな稲荷社をお祀りし、五穀豊穣と豊かな自然をお祈りしています。

natadera-komatsu-1b

natadera-komatsu-1c

natadera-komatsu-1d

※現在、安全と景観保護のため立入禁止となっております。

 

罪を流して再び生まれ変わる祈りをささげる

本殿・大悲閣本殿
natadera-komatsu-o

natadera-komatsu-p

本殿は、一向一揆の兵乱で荒廃しましたが、前田利常公の庇護により寛永19年(1642年)に再建されました。

昭和16年(1941年)に国宝指定を受け、昭和24年(1949年)に解体修理、昭和25年(1950年)に重要文化財に新指定されました。大悲閣拝殿・唐門・本殿の3つの重要文化財建造物を総称して本殿と呼んでいます。

中には本尊の十一面千手観世音菩薩を安置する「いわや胎内くぐり」があります。ウマレキヨマル場所を体感する事が出来ます。

 

胎内くぐり
natadera-komatsu-s

natadera-komatsu-q

真っ暗な洞窟の中を、お参りしながら1周します。距離は短いですが、音の無い世界と暗闇の中で、途中、寒気がし胸が苦しくなりました。この中で現生の罪を流し再び生まれ変わる祈りを捧げます。

natadera-komatsu-r

natadera-komatsu-t

natadera-komatsu-u

natadera-komatsu-v

 

三重塔(国指定重要文化財)
natadera-komatsu-w

寛永19年(1642年)、徳川家綱の生誕祝に前田利常が建立したものと伝えられています。
小塔ですが、三層共扇垂木を用い四方の扉をはじめ壁面唐獅子の二十の行態や菊花の彫刻は美麗です。内に鎌倉時代、那谷寺金堂にお祠りしてあった大日如来を安置してあります。

昭和16年(1941年)に国宝指定を受け、昭和25年(1950年)に重要文化財に新指定され、昭和30年(1955年)に解体修理しました。

 

撫でると幸せになれると言う木組の猿

楓月橋・鎮守堂
natadera-komatsu-x

楓月橋は寛永時代に前田利常公が計画し、現代になってようやく実現したものです。那谷寺が織り成す四季折々の美しさや歴史を感じながらゆっくりとご散策ください。

natadera-komatsu-z

natadera-komatsu-1a

奇岩遊仙境を眼下に展望台へとつながる高台の橋から見る眺望は、当寺屈指の景勝をお楽しみいただけます。

パワースポット

お猿さんを見つけたら、頭や体ををそっと撫でてあげて下さい。
幸せが訪れます。

natadera-komatsu-y

 

芭蕉句碑
natadera-komatsu-1e

元禄2年(1689年)、俳聖・松尾芭蕉が参詣し、「奇石さまざまに古松植ならべて、萱ぶきの小堂岩の上に造り、かけて殊勝の地なり。」と「奥の細道」で那谷寺を表現しました。句碑は天保14年(1843年)芭蕉150回忌に建立したものです。

 

natadera-komatsu-1f

natadera-komatsu-1g

 

駐車場・トレイ・コインロッカー・車椅子

natadera-komatsu-c

那谷寺に入る前に、大きな駐車場があります。

 

natadera-komatsu-l

境内の中にトイレがあります。

 

natadera-komatsu-e

入口側の受付でレンタル事をするこが出来ます。

 

休憩処・お土産売り場

natadera-komatsu-b

那谷寺の駐車場の向かい側にお食事処あります♪

おすすめ★★★★★(5点)
感想広い境内には、洞窟の中に祀られた大きな千手観音や、洞窟を母体にみたてた「胎内くぐり」、美しい岩山、三重塔や紅い橋など、見どころが沢山あります。 また、四季折々に様々な表情をみせてくれる景観の素敵な、歴史あるお寺です。
住所〒923-0336
石川県小松市那谷町ユ122
電話番号0761-65-2111
営業時間8時30分~16時45分(3月1日~11月30日)
8時45分~16時30分(12月1日~2/末)
定休日年中無休
駐車場有り(無料)お寺の周りに有ります。350台ほど。
拝観料◎一般拝観 大人(中学生以上)600円■小学生300円■幼児無料■障害者手帳提示300円(団体割引あり) ◎特別拝観(重文書院/庭園) 一般拝観料+200円(幼児・小学生無料)
トイレ敷地内にあります。(看板有り)
備考ホームページはこちら

-定番スポット, パワースポット, 加賀(見どころ), 小松

Copyright© 金沢・能登おすすめ観光スポット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.