London 映画やドラマのロケ地「海外編」

■London■【ハリー・ポッター・スタジオ】Warner Brothers Studio Tour London The Making of Harry Potter

更新日:

館内全てがハリー!

ロンドンの郊外にある【ハリーポッタースタジオ】は、映画『ハリーポッター』の撮影で実際に使われたセットや、衣装が所狭し館内いっぱいに見学出来る、ハリーファンにはたまらないワーナーブラザーズの人気テーマパークです(^.^)

2012年にOPENしたばかりで、入館するには事前予約が必要です。人気のツアーなので旅行の予定を組むのと同時に予約する事をおススメします。ツアーは、時間も決まっているのでご注意下さいね(^.^)

子供も私も大のハリーポッターファン♥
そのハリー好きが高じて、ロンドンまで来ちゃいました。

エントランスでは、ドラゴンと大きなパネルでお出迎え✨もう、緊張と興奮が交互にやってきます~✨

まずは、ホールで簡単な動画と説明を聞いてから、ドアOPENです♪

ツアー始まり始まり~♪

ハリーポッターの部屋

ハリーが子供の頃過ごした階段したの部屋

ハリーの階段下の部屋は、めちゃめちゃ狭くて...ここで幼少期を過ごしたと思うと、感激!映画の中だと完璧な部屋に見えるけど、こうやってセットを見ると、造りはセット感満載なんだよね。不思議(^.^)

ホグワーツの食堂&教室

映画の中に度々出て来る大食堂

映画の中では、広く大きく見える講堂も、こうやってセットで見ると、やや狭し。ここでのシーンが沢山思い起こされます♪

食堂の中には、ホグワーツの4つの寮『グリフィンドールや、ハッフルパフ、レイブンクロー、スリザリン』の制服が展示されています。もちろん!実際に映画で着用した衣装です。

この雰囲気!衣装!ハリポタファンには一目でわかりますよね。先生方の衣装も展示されています。

ダンブルドア先生や、スネイプ先生の衣装を見た時は、嬉しくて鳥肌がたちました(^.^)

食堂を抜けると、大きな倉庫の中に、様々なシーンで出て来た懐かしいセットが沢山出て来ます。


グリフィンドールのポッター達の部屋の中
子供サイズにセットを作ったため、成長と共に、ベッドやセットが小さくなってしまい、遠近法をうまく活用して撮影したようです(^.^)


スネイプ先生の衣装と教室の中


ダンブルドアの部屋


アンブリッジ先生の部屋
映画の中では、憎たらしい役だけど、こうやってセット見ると、嬉しくなっちゃう♪


ハグリットの部屋
私が最も好きな先生の一人です(^.^)ハリーを温かく見守る姿勢に心打たれます♪

様々なシーンに登場する大きな小道具たち


みぞの鏡
見る者の強い願望を映し出す特別な鏡


空飛ぶフォード・アングリア


このシーンは、とても衝撃的でした。
占い学のシビル・トレローニ先生が、闇の魔術軍団の集会の中でヴォルデモートの蛇に食べられるシーンです。生々し過ぎ💦


シリウス・ブラックの実家に飾ってある家系のタペストリ。

禁じられた森

2017年にOPENした「禁じられた森」。暗く身震いするような雰囲気は、映画の中、そのももです。このエリアの中では、アラゴクや、ケンタウロスに出会えます。


アラゴク
映画の中では、とてもリアルで怖かったけど、実際のセットは「あららら...人形」って感じでした。


グリフィン

ダイアゴン横丁

ハリーポッターのショッピング街と言えば、此処!『ダイアゴン横丁』。細かい部分までしっかりと作りこまれていて、ハリーの映画の中に吸い込まれていきそうな雰囲気を醸し出しています。

9と4分の3番線ホーム

人間界と魔法界をつなぐ駅のホーム。USJでもお馴染みのセットですが、こちらは一味も二味も違います!電車の中のセットや、そのシーンでの衣装の展示もあり、電車の中に入る事も出来ます✨素晴らしい~(^.^)

特殊セット・特殊効果

ハリーの中では、不思議な魔法会の生き物が沢山出て来ます。特殊メイクや、特殊な装置まで、沢山展示してありました。


ドビー
マルフォイ家に仕えていた屋敷しもべ妖精。自由の身になってからはハリーの協力者として活躍し、最後は、ハリーを守り胸の中で息だえます。


マンドラゴラ
引き抜くと、ギャーって叫ぶ植物。(ちょっと、指でつまんでる風に映してみました💦)


このシーン、覚えていますか?まだハリーが小さい頃、意地悪な叔父・叔母の家に来客したおばさんに魔法をかけ、風船のように膨らんで空に飛んで行く...こんな所で見れるなんて、ふっと笑ってしまうセットです(^.^)

グリンゴッツ銀行

ゴブリンが経営する魔法銀行のセットです。見られてる感が満載のアトラクションです(^.^)

野外展示

館内もさることながら、野外の展示品も見逃せませんっ✨アッと驚き、感動のシーンもよみがえります(^.^)

実際に中に入って撮影も出来るので、子供達も大喜びでした✨

フードコーナー

フードコーナーでは、バーガーや、ホットドック、ドリンクに「バタービール」を楽しむ事が出来ます♪

フードコーナーとは別に、スタバも入っていました。

いよいよ最後のセットになりました...

ホグワーツ城の模型

最後は、ホグワーツ城の模型です。この模型は、実際にも映画に使われたそうです。

ここで、ハリーのツアーは終了です。

ハリーポッター好きにはたまらないテーマパークでした。USJでも体験出来ますが、こちらは、規模が全然違い、次から次への色んなシーンが出て来ます。イギリス旅行の際には、ぜひぜひお立ち寄り下さい~❤


おすすめ★★★★★(5点)
感想ハリーに出て来る衣装やセット、特殊効果まで有りとあらゆるハリーの世界に触れあうことが出来ます。
住所
Leavesden Studios, Aerodrome Way, Leavesden, Hertfordshire WD25 7LS
電話番号
営業時間
定休日
駐車場有ります。
チケット完全予約制です。
食べ物館内に、スタバや、フードコートがあり、軽食がありました。
アクセス・ロンドン ユーストン駅から鉄道でワトフォードジャンクション駅下車(乗車時間約20分)
・ワトフォードジャンクション駅からリーブスデンスタジオまで専用シャトルバス(約15分)
備考ホームページはこちら

-London, 映画やドラマのロケ地「海外編」

Copyright© 金沢・能登おすすめ観光スポット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.