パワースポット 白山 白山(見どころ)

【かたがり地蔵】(石川県白山市)

更新日:

なんとも優しい雰囲気の磨崖仏¹【かたがり地蔵】さま。

長年の摩滅によって、お顔をハッキリ見る事が出来ませんが、それでも優しいオーラが伝わってくる、何とも不思議な地蔵菩薩さまでした。

※¹磨崖仏とは
自然の巨石や岩壁に彫刻した仏像で石仏の一種の事です。

.

【かたがり地蔵】安置場所

〒920-2115 石川県白山市白山町

旧加賀一の宮駅の前の通りを、山の方へ向かって走ります。

白山比咩神社の表参道駐車場を超え、さらに進むと、左に手に小さな祠が見えて来ます。その中に【かたがり地蔵】さまがいらっしゃいます。


かたがり地蔵さま側から見た目の前の景色です。

この日はお天気も良く、白山を目の前に仰ぎ見る和かな田舎の風景です。春夏の緑から、秋には紅葉の朱色。冬には真っ白な雪景色。こうやって四季折々の風景を眺めながら...なんて事を思いながら、私も白山の景色を楽しんで来ました。

専用の駐車場はありませんが、少しだけなら車を停められそうな場所がありました。

.

歯の病気に効くと言う【かたがり地蔵】さま

こちらが、【かたがり地蔵】さまです。

お顔をはっきりと見る事は出来ませんが、優しいオーラはしっかりと伝わってきます。

調べたところ、「歯の病気に霊験²」があるようで、箸を奉納して祈願すれば、お願い事が叶うと言われています。

※²霊験とは
神仏が示す不思議な感応や利益のこと。

.

立て看板の説明書きです。

この中で、舟岡山と記されていますが、【かたがり地蔵】について深く調べてみると、もともとは、手取川の氾濫を治めるため、鎌倉時代に作られたといわれ、明治中頃まで白山町の舟岡山の岸壁に「波切不動明王」とともに岸壁に刻まれていたようです。

手取川七ヶ用水建設の際に、岸壁から切り離され、現在の場所に安置されました。

一緒に切り離された「波切不動明王(なみきりふどうみょうおう)」は、ここから車で10分ほどの場所に安置されていました。お時間がある方は、併せてごらん下さい(^.^)

.

泰澄(たいちょう)の作

このかたがり地蔵は、加賀国白山を開山したと伝えられる、奈良時代の修験道の僧「泰澄」が、石窟で修行中に山上の安穏と国土の静謐を祈念して、彫ったものと言われています。

白山市白峰にある『林西寺』には、「白山下山仏」として、木造「泰澄大師坐像」が安置されています。機会を見つけ、行ってみたいと思います。

今回、かたがり地蔵の事で色々調べてみると、関連して、波切不動明王、奏澄、舟岡山、林西寺など白山の歴史の一ページを知る事が出来ました。開山から1300年、もっともっと深く掘り下げて行きたいと思います(^.^)


おすすめ★★★☆☆(3点)
感想長年の摩滅によって、お顔をハッキリ見る事が出来ませんが、それでも優しいオーラが伝わってくる、何とも不思議な地蔵菩薩さまでした。歯の病気に良いとされる言い伝えがあります。白山を目の前に仰ぐ静かな場所に安置されています。
住所〒920-2115
石川県白山市白山町
電話番号
営業時間24時間
定休日なし
駐車場専用の駐車場は見当たりませんでした
備考ホームページはこちら

【波切不動明王】(石川県白山市鶴来)

-パワースポット, 白山, 白山(見どころ)

Copyright© 金沢・能登おすすめ観光スポット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.