パワースポット 羽咋 能登(見どころ)

金栄山【妙成寺】パワースポット 加賀百万石前田家ゆかりの寺

更新日:

羽咋市には人気の「気多大社」がありますが、加賀百万石()()(ゆかりの寺「妙成寺」も、素晴らしい歴史が残るお寺です。境内は広く、見どころも満載!敷地内にお茶屋さんもあるので、休憩も可能です。


石川県羽咋市にある「妙成寺」は、700年以上の歴史を持つお寺です。加賀藩前田家が何代にもわたって築いた藩屈指の文化遺産で、そのすごさは、10(本堂、五重塔、二王門、祖師堂、三光堂など)もの建造物が国の重要文化財に指定され、石川県指定の文化財も3棟ある事でも分かります。

加賀百万石「前田家」ゆかりの寺としても、知られています。
詳しくは
http://myojoji-noto.jp/jufukuin.html

 

国重要文化財【五重塔】

北陸唯一の五重塔は、妙成寺のシンボルとなっています。

4.18mの高さで凛としたその佇まいは、とても素晴らしいです。加賀藩3代藩主前田利常の母・寿福院願主となり越前北庄の大工・坂上嘉紹にらよって建てられたと伝わり、その強固な造りは、厳しい海風や、平成19年に起こった能登半島地震でもびくともしませんでした。

 

妙成寺の境内マップ

境内の中には見どころが沢山あります。
パワースポットとされる、「君が代」の歌詞に出て来る【さざれ石】や、お釈迦様は、素直な心で掌を合わせることで心願が成就します。

売店や甘味処もあるので、休憩しながらゆっくりお楽しみ下さい。

 

境内のご紹介


《受付》

 


《受付、宝蔵》

 


《書院庭園(石川県指定名称)》
書院の前庭として作られた池泉鑑賞式の庭園は、石川県指定名勝となっています。書院縁側からの眺めは五重塔借景としており、一番の見所となっています。庭園は自然の崖地を活かして、石の配置で流れ落ちる滝を表現しています。池に突き出した三角石を「亀」、直立するラカンマキを「鶴」に見立てているとも言われています。

 


《二王門 国重要文化財》
参道正面の石段を登ったところに建っており、江戸時代の加賀藩の書家・佐々木志津麿揮毫による「金榮山」の山号額を掲げています。

両脇には連子格子を設け、中には江戸時代初期の作とされ、「阿形」「吽形」の仁王像が安置されています。


吽形(うんぎょう)》


《阿形(あぎょう)》

 


《さざれ石》パワースポット
「君が代」の由来となったと言われる岐阜県揖斐川町春日の山中にあった「さざれ石」が置かれています。
♪千代に八千代に、さざれ石の巌となりて、苔のむすまで♪この「さざれ石」を見て、歌のフレーズの意味が何となく分かったような気がしました。丈六堂と並ぶパワースポットとして知られています。

 


《浄行堂》
「浄行菩薩」をまつる御堂です。浄行菩薩とは法華経に出現する菩薩で、水が、あかや、けがれを清めるように人間の煩悩の汚れを取り除いてくれます。浄行菩薩に水を注ぎ、たわしでって、願をかけると、身の病も心の悩みも除かれるといわれます。開山日像上人は浄行菩薩の化身と言われます。

 


《三十番神堂 拝殿(石川県指定文化財)》
国重要文化財である「三十番神堂 本殿」と共に建てられたとみられますが、拝殿は明治の初期、寺院の建物や、仏像仏具などを打ち壊した 廃仏毀釈により、一時、羽咋円井町に移されていました。平成3(1991)年に解体修理し、現在地に戻されました。

 


《祖師堂(国重要文化財)》
宗祖日蓮聖人の坐像の左右に、開山日像上人と日像上人の師である日朗上人の坐像をまつっています。

本格的な禅宗様式の造りで、内陣を形成する円柱 には上層部に木材を継ぎ足した跡がみられ、研究者らもなぜ継ぎ足したのか解明できていません。

入口正面には、彩色を施した迦陵頻伽(仏に使える想像上の生き物)の欄間があり、優れた意匠を見せてくれています。

 


《本堂(国重要文化財)》
本堂は桃山建築のが集められています。京都建仁寺流の流れを組む大工坂上又三郎により、慶長9(1614)年に建立されたと伝わりますが、「慶長9年」や「慶長17年」の建立と記された資料も有り、建立時代にもなぞが残されています。

 


《三光堂(国重要文化財)》
三光堂は堂内に太陽を表す「日天」、月を表す「月天」、星を表す「明星天」の3光天像を安置し、別名「鎮守堂」とも呼ばれています。三光堂は堂内に太陽を表す「日天」、月を表す「月天」、星を表す「明星天」の3光天像を安置し、別名「鎮守堂」とも呼ばれています。

 


《三十番神堂(国重要文化財)》
慶長19(1614)年、加賀藩3代藩主利常が大坂冬の陣に出陣する際、戦勝祈願のために建てられたと伝わります。
一説には京都の北野天満宮から移築されたとも言われていますが、定かではありません。内部には毎日、交代して国を守る日本の神30体(三十番神)をってあります。

 


《浄六堂》
六尺(約5メートル)の釈迦如来立像が安置されています。妙成寺の言い伝えによると、羽咋柴垣の海岸に同立像の頭だけが流れ着き、これに合わせて胴体が造られたそうです。海に流れ着いた釈迦如来を安置するため、近年、妙成寺のパワースポットとして注目を集めています。昭和55(1980)年の解体修理後、創建当時の姿に復元されました。

 

売店、甘味処、お手洗いのご紹介


《お手洗い》
入り口にあります。

 

 

妙成寺の「五重塔まつり」2019年から中止となりました

毎年、GWに開催されていた五重塔まつりが、今年から中止になりました。沢山の方で賑わっていたので、とっても残念です。

2018年の様子をご紹介しますね(^.^)


おすすめ★★★★★(5点)
感想羽咋市には人気の「気多大社」がありますが、加賀百万石前()田()家(ゆかりの寺「妙成寺」も、素晴らしい歴史が残るお寺です。境内は広く、見どころも満載!敷地内にお茶屋さんもあるので、休憩も可能です。
住所〒925-0002
石川県羽咋市滝谷町ヨ1
電話番号0767-27-1226
営業時間8時〜17時(11月〜3月は8時〜16時30分)
定休日年中無休
駐車場無料駐車場有
拝観料拝観料:大人(高校生)500円、 小・中学生300円、 団体割引(30名以上)1割引
御開帳祖師堂そしどう(右手に払子、左手に経巻を執る宗祖日蓮聖人しゅうそにちれんしょうにんの座像が安置されている)において、ご開帳を行います。お一人様1,500円
ご祈祷侍女から藩主の母になった寿福院じゅふくいんのように、仏様に心から祈ると願いはかなうもの。縁結び、子宝、健康、立身出世…心願成就の寺である妙成寺みょうじょうじでは、願いに合わせたご祈祷きとうを行っています。奉納料5000円
金沢駅からのアクセス車で50分ほど■JR七尾線:金沢駅→特急40分→羽咋はくい駅■バス便:羽咋はくい駅→20分→妙成寺口→徒歩10分→妙成寺
備考ホームページはこちら

-パワースポット, 羽咋, 能登(見どころ)

Copyright© 金沢・能登おすすめ観光スポット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.