七尾・能登島(能登エリア観光) 能登エリアの神社仏閣

【伊夜咩神社】(能登島)日本三大火祭り「向田の火祭」

【伊夜比咩(いやひめ)神社】は、「延喜式神名帳」(927年)に記載される由緒ある神社で、産土神として地元の人から篤く信仰されています。

古くは、ここから1㎞ほど離れた山中のイヤミから現在の地に還り「八幡神社」と合祀。その後、「明神神社」や「白山神社」「菅原神社」と合祀され、現在の【伊夜比咩神社】となりました。

夏の納涼祭、日本三大火祭りの一つ「向田の火祭」が有名で、30㍍もの大松明が火柱となって燃え盛る姿は圧巻です!

所在地 七尾市能登島向田町115-26
問合せ 0767-84-1122
駐車場 敷地内に無料駐車スペース有り

ご祭神
大屋津媛命・応神天皇・神功皇后・天照皇大神・豊受大神・伊弉冉命・菊理媛命・菅原道真

境内散策

本殿

伊夜比咩神社には、嘉元4年(1306)から明治23年(1890)までの棟札や、義経追討状が保存されています。

社殿・鳥居・神輿の造営・修復などで作製された棟札が長い歴史の中で伝蔵されているのは、全国的にみても珍しく、歴史の貴重な資料となっています。

 

狛犬さん

 

手水舎

 

駐車スペース

境内に無料の駐車スペースがあります。

 

【能登島向田の火祭り】

日本三大火祭りとされる【向田の火祭り】は、毎年、7月の最終土曜日に行われ、多くの人で賑わいます。

越後の「伊夜比古神(男神)」と、「伊夜比咩神(女神)」とが年に一度、この祭りで会い逢瀬を楽しむ...と、このような言い伝えもあるようです。

神社での神事の後、神輿と奉燈が連なって30㍍もの巨大な大柱松明の周りを7周し、地元や見物客が手に持った柱松明を振りながら周回し、号令で大柱松明に火を投げ入れます。

火柱が上がり、「山側に倒れると豊作」「海側に倒れると豊漁」。

倒れた方向によって豊作、豊漁を占います。


おすすめ★★★★☆(4点)
感想能登島向田の産土神です。普段は静かな神社ですが、毎年7月の最終土曜日に行われる向田の火祭りでは、多くの人で賑わいます。境内に駐車スペース有り。
住所〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町115-26
電話番号0767-84-1122
営業時間
定休日
駐車場境内に無料駐車スペース有り
備考ホームページはこちら

-七尾・能登島(能登エリア観光), 能登エリアの神社仏閣

© 2022 金沢・能登おすすめ観光スポット Powered by AFFINGER5