京都 歴史散策 神社仏閣

【豊国廟】(京都)阿弥陀ヶ峰の山頂にある秀吉公の墓所

【豊国廟】は、阿弥陀ヶ峰の山頂にある「太閤豊臣秀吉公」の墓所です。

500段近い石段を上った先には、高さ約10mもの五輪塔(御鎮墓)が建っています。

 

【豊国廟】詳細情報

所在地 京都府東山区今熊野阿弥陀ケ峯町
問合せ 075-561-3802(豊国神社)
社務所(受付) 8時30分~17時
御朱印・御守り・おみくじ・絵馬などあり
登拝料 100円
所要時間 約1時間ほど
駐車場 駐車場有
7時30分~17時30分まで(1台500円)

注意ポイント

頂上までは、約500段の石段を登る事になります。

中間地点よりも先に進むと階段も急勾配になります。手すりなどなく、途中にはトイレや自動販売機などもありません。

しっかりと準備をしたうえで行く事をおススメします。蚊が多いので虫刺され対策もお忘れなく。

また、女性お1人で行かれる場合は、危険が伴わないようにご注意下さい。

 

駐車場について

豊国廟参道沿いを真っすぐ進むと、駐車場があります。

 

豊国神社から豊国廟まで徒歩での行き方

豊国神社から豊国廟までは徒歩で30分ほどで行く事が出来ます。

豊国廟参道の案内板(石板)からは、緩やかな登り坂になっているので、山頂入り口に着くまでに疲れてしまうと言うこともあります。

私の場合...かなり疲れました(^^;

 

豊国廟参道をひたすら進んで行くと、入り口の大鳥居が見えて来ます。

入り口の側に駐車場があったので、車で登り口まで来れるようです。

 

社務所(豊国廟神札授興所)入り口受付

こちらで、入場料の100円を払います。

社務所のおじさんが、初めて登る人に説明をしてくれます。

秀吉が亡くなった年齢が64歳で、石段が64段ごとに区切られている事や、山頂に近いほど急勾配になり、スキーのジャンプ台と同じくらいだという事。

山頂から清水寺が見える事。清水寺、豊国神社、豊国廟を点で結ぶと三角形の結界になっている事、などなど。

ちょっとした説明ですが、興味深々で聞き入りました(^^♪

 

 

いよいよ阿弥陀ヶ峰の山頂に向かって出発です!

この暗い雰囲気...

この先、大丈夫だろうかと不安が押し寄せる中、恐る恐る進んで行くと...

入り口を抜け中に入ると、すぐにこの明るさと爽やかさ。

どんより暗いイメージから、一気に清々しい雰囲気となっていました。

休憩しながらも、ひたすら登り続けると中門が見えて来ます。

まずは、ここで一休み♪

休憩しながらも、中門を見学...

いよいよ最後の階段です。

主人は休憩なしで登っていたけど、私の方は階段に座り込むこと5回ほど。何とか登りきることが出来ました~♪

 

五輪塔

石段を登り切った感動と、歴史上の有名人「秀吉さん」の墓所に来ることが出来た感激で、やっとホッと一息つく事が出来ました。

 

山頂から眺める京の風景

五輪塔から左側に行くと展望スペースがあり、そこから清水寺や三重塔など見ることが出来ます。

木々に囲まれた京都ならではの素晴らしい眺めです。

ずっと見ていたかったのですが、10月半ば過ぎなのに蚊が多く、早々に切り上げる事に。

登拝される方は、虫刺され対策もお忘れなく(^^♪

 

国松公の御墳墓

登り口(向かって左側)に、秀吉公の孫にあたる「国松公」の御墳墓と、側室「松の丸殿」の供養塔があります。

石段は大変でしたが、歴史上の人物ゆかりの地を色々巡れたのは楽しかったです。

京都では、一日フリーバス券を使って、バスと歩きでの観光でかなり疲れますが、それ以上に得たものもとても大きかったです♪

【豊国神社】(京都)出世開運!「豊臣秀吉公」をお祀りする豊国神社の総本社!

【方広寺】(京都市)豊臣秀吉ゆかりの寺!「国家安康、君臣豊楽」の文字が刻まれた大鐘


おすすめ★★★★★(5点)
感想【豊国廟】は、阿弥陀ヶ峰の山頂にある「太閤豊臣秀吉公」の墓所です。 500段近い石段を上った先には、高さ約10mもの五輪塔(御鎮墓)が建っています。
住所〒605-0924
京都府東山区今熊野阿弥陀ケ峯町
電話番号075-561-3802(豊国神社)
営業時間8時30分~17時
定休日
駐車場有り
登拝料100円
ご注意・階段は500段近くで山頂に近づくと急勾配になります。履きなれた靴をおススメします。
途中にトイレ、自動販売機などありません。あらかじめのご準備を。
蚊が多いので虫刺され対策をお忘れなく。
石段には手すりはありません。
女性お1人での登拝はくれぐれもお気を付け下さい。
備考ホームページはこちら

-京都, 歴史散策, 神社仏閣

© 2022 金沢・能登おすすめ観光スポット Powered by AFFINGER5